製品特徴

ファイルガード・メールによるデータ送受信の仕組み

ファイルを添付してメールを送信する場合、送信用メール画面に添付するファイルをドラッグ&ドロップするとそのまま添付されます。

パスワードはキーと呼ばれる英数字80文字以内の文字列で設定できます。導入後何度でもパスワードの変更が可能なので、必然的にセキュリティも向上します。

本ソフトはセキュリティ対策ソフトとしてだけではなく、メールソフトとしても全ビューのフォント、背景色のカスタマイズ、スレッドのリスト表示、充実したテンプレート機能ヘルプ用語の簡単な解説等ユーザー様より高く評価されております。

■受信後、整理しやすいように受信メールの件名(subject)の書き換えが可能
■Outlook Expressでも添付ファイルの暗号復号ができ、受信者のメールソフトを選ばない
■送信時(管理者など)指定のアドレスに自動的にBCC送信
■受信時(管理者など)指定するアドレスへ自動的に送信(Pシリーズ)
■送信先毎に添付ファイル暗号化パスワードを事前登録
■ツリー部のフォルダのパスワード保護など豊富な機能搭載のプロパティ設定

セキュリティだけではなく、充実の機能性も大きな特徴の一つです

ファイルガード・メールはフリーメールでも利用可能

フリーメールもクラウドシステムもサーバー上で動くシステムなので、サーバー管理者から見ると中の情報が全て閲覧可能です。

また、メールに関してサーバーでロックをかけるメールシステムもありますが、パソコンからサーバー、サーバーから相手先への送信過程でも悪意ある第三者から情報を盗みとられる可能性が大いにあります。

会社の機密情報を完全に守る為にも、機密性と利便性を充分に考慮しなければなりません。ファイルガード・メールならYahoo!MailやGmail等のフリーメールでもご利用可能です!

ファイルガード・メールは、パソコンにインストールして使用するソフトなので、悪意ある第三者に情報を盗みとられる危険性は皆無です!

サーバでロックをかけるタイプのセキュリティシステムの場合